師匠(勝手に思ってるだけ)のやり方

GMT午前7時~午後6時

(私の場合:15:00~翌1:00)


10ピピ取ったら終了or20ピピ負けたら終了

(真似をする)


ユロドルとポンドルがお気に入りでドル円は嫌い(今はシステムでポンドのみ)

(ERU/USDで行う)


6~7ピピ行ったらもう一回チャートをチェックして逆に行きそうな雰囲気なら10ピピ待たず利確

(これもマネをする)


今のシステムは7ピピ上げた後3ピピ落ちたら利確

(これもマネをする)


シグナルは30分足で

(5分足でスキャル)


負けたトレードを分析する

分析せず負ける度に別の手法に移る人が多い

スポンサーサイト
[ 2017/11/21 15:41 ] 手法 | TB(-) | CM(0)

2017/11/21 日足では下げてきました

ユロドル日足から

2017-11-21-D1.png

ボリンジャーバンド・ステージ5
長期のMAで抑えられる形になり下落で終了
ミッドバンドも下げ

Trixも下げ、多重ストキャス長期線は下げてます。
売りを考えたいけど、1.17295のサポートラインが気になる・・・。

昨日試したけど、アタック失敗…。ここを抜けたら40~50pips'を目処に売り注文をしたい所


ユロドル4時間足

2017-11-21-H4.png 

ボリンジャーバンド・ステージ4

ミッドバンド下方向、Trix下方向、長期ストキャスもさげつつあります。

が…。長期のMAが価格帯の下に存在する。ここも勿論1.17295が壁、長期MAが壁となる。ここは様子見が一番

ここを抜けたら1.16687付近まで売って行ける局面ですね

ユロドル1時間足
2017-11-21-H1.png 

ボリンジャーバンド・ステージ5

ミッドバンドほぼ水平
Trix上方向でクロス間近
多重ストキャスが狭まって来ている。

スキャル的に見れば上で考えても良さそうな状態。

しかし、大きくは取れない局面。
日足で表示している長期SMAを目処に指値を入れるか?
20~30で指値を入れるか?

昨日も書いた様に、ここから少しレンジ相場になるので、欧州時間前にもう一度、チャートに聞いてシナリオを立てて行けばOK

追伸
昨日は目標である20Pips取れました

[ 2017/11/21 12:46 ] シナリオ | TB(-) | CM(0)

2017/11/20 逆張りに適してる?

こんにちは!本日のユロドルの流れです。

ユロドル 日足

2017-11-20-D1.png 

ボリンジャーバンド・ステージ5。
こんな時はミッドバンド~-1σ(表示させてない)所まで下がる可能性があるので、日足レベルで逆張りも有効な戦術になります。

Trixも下げて来る局面で、ミッドバンドも横ばいですので。Trixが下げて来たらエントリーしていいかもです。

ユロドル 4時間足

2017-11-20-H4.png 

ボリンジャーバンド・ステージ2

朝の下げで大きな陰線を付けてる最中で、エクスパンションをしています。

しかし、下げた時にサポートラインで支えられて反転していますので、このサポートラインは有効な線で前々から意識されてる線ですのでかなり分厚いと予測されます。

ユロドル 1時間足

2017-11-20-H1.png 

ボリンジャーバンド・ステージ2

ミッドバンド、Trix、多重表示のストキャス下方向で一致。

こんな時は5分足の戻り売りが出来る局面。

にしても1.17200付近の壁を意識しつつ薄利のスキャルピングになりそう。

薄利のスキャルをするなら、利小損小でも危険なので、避けた方がいい場面。

現在10:30ですので、動きが少なくなり保ち合い相場になる時間帯でもあるので、ここで静観しつつ、14:00頃にチャートを見て欧州時間へのシナリオを立てて、欧州時間で取引した方が、利大になると思われる。

その場合は買い方優勢か・売り方優勢かを見てシナリオを描く事を忘れず行う事。

欧州時間で出鼻をくじかれると痛い目にあうので、チャートに聞きながら(見ながら)綿密に予測をして、予測通りに動いたらエントリー、予測が外れたらNY時間までトレードをしない方がいい。


NY時間前にも、チャートに聞きながら(見ながら)綿密に予測をして、予測通りに動いたらエントリー、予測が外れたポジらない。


臆病な位が丁度いい

って事です。





[ 2017/11/20 10:38 ] シナリオ | TB(-) | CM(0)

2017/11/17

2017-11-17.png

ユロドル15分足

ミッドバンド上、長期MA上で方向的に上目線で現在、V波動形成中。
上昇のN波動になるか?このまま下げて下降のN波動になるか?

「波動を制するものが、相場を制する」

緑の下の線がサポートライン。
上の線がレジスタンスライン。

ストキャス3本が20%以下です。ここで買ったらダメですよ。
あくまでも、20%以下になり、そして、上がって来たら買いですよ。

具体的に言えば

%Kが20以上になり、Slow%Dが20を超えて来たら買っていい根拠
その時に%Kが反転していたら見送りって話です。

MA複数使いもストキャスもMACD複数使いでも、全てが「方向の一致」が鉄則です。









[ 2017/11/17 14:44 ] シナリオ | TB(-) | CM(0)

名言 001

失敗の根拠さえ、 はっきりしていればいい。 それは次につながるから。 - 野村克也 -

これは深いですね。
負けトレードはある、その時の負けトレードの根拠がハッキリしていれば、次は同じ事を避けて通ればいい。

私自身、損切りできなかった人、ポジポジ病だった。

そこを治しただけで、成績がよくなりました。

[ 2017/11/17 14:29 ] 名言 | TB(-) | CM(0)